HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト準備はOkay?  >>  売りのタイミング
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07 11
2008

準備はOkay?

売りのタイミング

メンタルが大事

本当に不思議なのですが、人間は欲が絡むと目が眩みます。専門用語ではバイアスのかかった状態と言います。買った値より下がれば即座に売るべきです。
皆分かっているこの大原則が、欲によって形を変えるのは非常に興味深いです。

まずなぜ「下がったら売らなけれ」ばいけないのか?
を説明します。

基本的に買いを入れる場合はその対象の価値が今後上がると踏んでの事です。
今後上がると予想してたという事は、上向きな流れがやってきたと思った訳です。
その予想が外れたのであれば、即座に自分を戒めないとダメみたいです。
その為には「判断基準」を持つ必要があります。マイナスに一瞬向かったけど、その後はどうなるか分からないのであればマイナス何%までなら許容してそれを超えたら即座に売る。これは損を重ねて自己資金が目減りするのを和らげてくれます。ちょっとした事ですが、ここを気を付けている投資家とそうでない投資家の場合は前者の市場生存確率が抜群に高いです。

そして上に行けば心も踊り、永遠の上昇を願わずにはいられません。人間は本当に厄介な感情を持ち、「希望的観測」を始めます。
希望的観測をしてはいけません。希望とは「こうなったらいいな」という期待の感情が含まれます。
期待をして、予想が当たれば物凄く気持ちが晴れ晴れとするでしょう。たまにはそういった取引も必要かもしれませんが、信じるのは「数字のみ」でしばらく取引を行いましょう。

先程の買いが3%を下回っていたら売りましょう。そして上回っていても売りましょう。

とりあえず最初はこれでOKです。

投資の世界へようこそ


SPONSERD


検索フォーム
RSSリンクの表示

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。