HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトFXの基本をマスター  >>  円高と円安
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07 10
2008

FXの基本をマスター

円高と円安

ニュースでは毎日~円安だとか~円高だとか聞こえてくると思います。
十分に理解している方は読み飛ばしてOKです。

円高と円安の違い

外貨に対し日本円の価値が高くなった状態を円高といい、逆に価値が低くなった状態を円安と言います。

ドル円相場で、「1ドル=110円」で取引されている場合は、「1ドル買うために110円必要」となり、そこから為替レートが値動きし「1ドル=100円」になると、1ドル買うために必要な日本円が少なくなってドルの価値が下がって円の価値が高くなった状態になります。こうして円高と呼ばれる事になります。

110円が100円になって価値が下がったから円安では?」と考えてしまいがちですが、110円だったドルが100円で買えた→ドル安→円高と理解すればOKです。

逆に100円→110円になった場合が円安となります。

FXで勝つために重要

円高と円安についてサラっと説明しましたが、これはとても大事なんです。円高と円安の差額アナタの収益となるからです。このタイミングを見計らい売買を行っていくだけで資産は増えていきます。勝負の土俵はこの「差額」という事を頭に叩き込んでおいて下さい。

Next ⇒外貨投資の種類


SPONSERD


検索フォーム
RSSリンクの表示

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。