HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトはじめにお読み下さい  >>  FXとは
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07 10
2008

はじめにお読み下さい

FXとは

FXとは「外国為替証拠金取引」とも呼ばれています。
呼び名はちょっと難しいですが、気にしないで下さい。
FXは魅力的な金融商品であり、個人レベルでも参加し収益を上げる事が可能で株取引と比べても投資家にとってシンプルな挑戦が出来る事が売りです。
FXに限らず金融商品で稼ぐなら、一つの出来事に拘ってはダメです。経済や市場は世界中のどこかの影響を受け絶えず変化していくからです。

FXの歴史に迫る

外貨証拠金取引は、1998年4月の外為法、外国為替及び外国貿易法の改正によって誕生。

それまで銀行が独占していた外国為替業務を自由化し、誰もが自由に為替の取引を行うことを可能にしました。

外貨証拠金取引(FX)は銀行間市場で行われている取引単位100万ドルの外国為替取引を、一般の投資家にも参加しやすくなるように取引単位を1万ドルへ小口化、10万円程度の担保資金(証拠金)で行えるようにした金融商品なのです。
つまり、為替という商品はそれまで「銀行」や「機関投資家」達だけの物であったが、この法改正をきっかけに個人投資家へ外国為替市場を開放する事になり、多くの個人投資家が現在も参加している。

FXの特徴

よくFXで資産が何倍にもなったという話を聞きます。これにもFXの特徴が関係していてFXの特徴は、一定の保証金を取引業者に預けることで信用供与をしてもらい、小さな資産で大きな取引を可能にするのです。俗にいう「レバレッジ」です。

やはり短期間に何倍にも増やすには同じようにリスクを背負いますが、FXにはロスカットという仕組みが備わっており客の証拠金が底をつくまえに「ロスカット」を行い自動的にポジションを決済してしまうのでマイナスにはなりません。ロスカットは日本語では「損切り」と言います。

FXの特徴をもう一つあげると、10万円からでも投資が可能という事です。レバレッジを10倍にすれば100万円分の取引ができます。前述の方法だと売った場合には「2万円」になります。リスクをしっかりと理解し最大限の「リスクヘッジ」を行う等FXの世界には様々な防衛手段があります。知らない事は怖いという感情の原因です、お金を効率的に投資して行く事は10万円からでも可能ですが、一歩踏み出せないのはやはり怖いからです。FXについて理解を深めるのはそんなに難しい事ではないので気負わず考えて見て下さい。

Next ⇒基本的な売買方法


SPONSERD


検索フォーム
RSSリンクの表示

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。